このサイトは、頭痛、肩こり、不眠症、慢性便秘の緩解に効果 家庭用電位治療器「コスモトロン」のメーカー株式会社ヘルスの公式サイトです。

コンプライアンス

コンプライアンス規程

株式会社ヘルス(以下、当社という)は、コンプライアンス(法令遵守)を経営の最重要課題と位置づけ、法令上の義務・社会的責務であると同時に、お客さまならびに取引先または、消費者の信頼を得るために最も重要な要件であると認識し、次の方針のもとで高いコンプライアンス意識をもって業務を遂行していくことを経営の基本としています。 以下に定める「コンプライアンス体制」「行動基準」「通報・相談」は、当社のコンプライアンスに対する基本姿勢を示すとともに、従業員一人ひとりがどのように考え、行動すべきかを記載したものです。

第1章 総則

(趣旨)
第1条
本規程は、当社における従業員のコンプライアンスに関する意識の向上を図るとともに、コンプライアンスを円滑かつ効果的に実施するための組織体制および運営方法を定める。
(適用範囲)
第2条
本規程は、当社の取締役・執行役員・従業員(社員・契約社員・販売委託契約者)の全てに適用する。

第2章 コンプライアンス組織体制

(コンプライアンス委員会)
第3条
コンプライアンス委員会を当社代表取締役社長の直轄の組織として設置し、当社のコンプライアンスに関する意識の向上とコンプライアンス態勢の確立および実践の徹底を図る。
(コンプライアンス委員長)
第4条
コンプライアンス委員長は、コンプライアンス委員会で選定され、当社のコンプライアンスを推進する。
(コンプライアンス委員会事務局及び担当者)
第5条
コンプライアンス委員会事務局及び担当者は、コンプライアンス委員長および別途委員長が指名する者により選任する。

第3章 従業員の義務

(従業員の義務)
第6条
従業員は、収益事業を遂行する前提として、コンプライアンスを最優先の行動規範として行動しなければならない。
(従業員の禁止事項)
第7条
従業員は、業務の遂行にあたり、次の各号に該当することをしてはならない。
  • 自ら法令等に違反すること(組織の一員として行う場合も含む)
  • 他の従業員に対して、法令等に違反する行為を指示すること
  • 他の従業員に対して、法令等に違反する行為を教唆すること
  • 他の従業員の法令等に違反する行為を黙認すること
(拒否、適切な措置)
第8条
従業員は、取引先・顧客等から法令等に違反する行為を持ちかけられたときは、これを拒否しなければならない。

第4章 通報

(通報の義務)
第9条
従業員は、他の従業員や特定の部門が法令等に違反する行為を行っていることを知ったとき、または、適切な措置をとらないために法令等に違反する事態を招くおそれが生じた場合は、速やかに通報しなければならない。(法令に違反していることを通報の条件とするものではない。)
(調査)
第10条
通報された事項に関する事実関係の調査は、コンプライアンス委員会が選任した者が行い、調査結果をコンプライアンス委員会へ報告する。
(措置)
第11条
調査の結果、不正行為が明らかになった場合には、会社は、速やかに是正措置および再発防止措置を講じるものとする。当該行為者に対しては、就業規則などに従って懲戒処分を行う。
(通報者・相談者の保護)
第12条
  • 会社は、通報者・相談者が通報または相談したことを理由として、通報者・相談者に対して解雇その他いかなる不利益取扱いも行ってはならない。
  • 会社は、通報者・相談者が通報または相談したことを理由として、通報者・相談者の業務環境が悪化することのないように、適切な措置をとらなければならない。また、通報者・相談者に対して不利益取扱いや嫌がらせなどを行った者がいた場合には、就業規則等に従い懲戒処分を行うものとする。
  • 通報窓口の担当者は、通報者の同意なくその氏名を明かしてはならない。
(個人情報の保護)
第13条
会社および本規程に定める業務に携わる者は、通報された内容および調査で得られた個人に関する情報を開示・漏洩してはならない。会社は、正当な理由なく個人に関する情報を開示・漏洩した者を就業規則などに従って懲戒処分を行う。

<附則>

(管理責任・改廃)
第14条
この規程の管理責任部署および改廃は、取締役決定事項とする。
(施行)
第15条
この規程は、平成25年7月16日から施行する。